無題‎ > ‎

6月7日 本日のお知らせ

2019/06/06 15:26 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿   [ 2019/06/06 15:31 に更新しました ]
昨日は真夏を思わせるような蒸し暑い1日でした。
そして、いよいよ夏の農産品の入荷がはじまりました。
種無しの巨峰(ぶどう)ととうもろこしです。はじまったばかりなので、入荷数は少なくお値段も少し高めですが、初モノということもあり完売でした。
ところで、「初物七十五日」と言いますが、江戸時代には75日寿命を延ばすために競って初物を求めていたそうです。生気にあふれた初物を食べることにより、新たな活力を得て長生きすると考えられたいたようです。ただ、なぜ75日という半端な日数なのでしょうか? 調べてみたら、ちゃんとした根拠がありました。
江戸時代、死刑囚に対し最後の温情として死刑囚がのぞむ食べ物を与えるという決まりがあったそうです。ある時、ひとりの死刑囚が知恵を働かせ、時季はずれの食べ物を要望しました。やむなく、その食べ物の初物が出るまで死刑を延期したそうです。その延期した日数が75日だったということです。栽培技術や流通が発達した現在では75日の延期は難しそうですね。
正しくは「初物を食べて寿命が延びた」のではなく、「初物が出るまで寿命を延ばした」ということのようです。
真相はさておき、縁起物として地元藤岡町産の初モノはいかがでしょうか。75日延びる保証はございませんが・・・


Comments