6月10日 本日のお知らせ

2019/06/09 15:13 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿   [ 2019/06/09 15:18 に更新しました ]

関東も梅雨入りしました。当道の駅周辺もぐずついた天気が続いています。真夏のような気温もすっかり下がり、今日は涼しい1日になるようです。
さて、本日は夏の農産品入荷情報の第2弾です。
白鳳(はくほう)という品種の桃です。
こぶりな桃ですが、甘く酸味の少ない品種です。繊維が細かいので歯にはさまりにくい特徴もあります。果汁も多いですよ。
お薦めです。ぜひ、お試しください。

※真竹が大量入荷中です。たけのこは突然終わる傾向がありますのでお早目にお求めください。



6月7日 本日のお知らせ

2019/06/06 15:26 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿   [ 2019/06/06 15:31 に更新しました ]

昨日は真夏を思わせるような蒸し暑い1日でした。
そして、いよいよ夏の農産品の入荷がはじまりました。
種無しの巨峰(ぶどう)ととうもろこしです。はじまったばかりなので、入荷数は少なくお値段も少し高めですが、初モノということもあり完売でした。
ところで、「初物七十五日」と言いますが、江戸時代には75日寿命を延ばすために競って初物を求めていたそうです。生気にあふれた初物を食べることにより、新たな活力を得て長生きすると考えられたいたようです。ただ、なぜ75日という半端な日数なのでしょうか? 調べてみたら、ちゃんとした根拠がありました。
江戸時代、死刑囚に対し最後の温情として死刑囚がのぞむ食べ物を与えるという決まりがあったそうです。ある時、ひとりの死刑囚が知恵を働かせ、時季はずれの食べ物を要望しました。やむなく、その食べ物の初物が出るまで死刑を延期したそうです。その延期した日数が75日だったということです。栽培技術や流通が発達した現在では75日の延期は難しそうですね。
正しくは「初物を食べて寿命が延びた」のではなく、「初物が出るまで寿命を延ばした」ということのようです。
真相はさておき、縁起物として地元藤岡町産の初モノはいかがでしょうか。75日延びる保証はございませんが・・・


6月4日 本日のお知らせ

2019/06/03 19:55 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

蒸し暑い日が続いています。梅雨入りの声も聞かれるようになりました。
さて、先日お伝えした淡竹(はちく)ですが、早くも終わりが近づいたようです。昨年に比べ入荷した数量は少なく、孟宗だけ同様不作の年のようです。かわって、本日は真竹の入荷が多数ありました。たけのこ本来の風味と味が楽しめるということで、こちらも人気商品のひとつです。たけのこ不作の年であるだけに、真竹も毎朝の大量入荷はのぞめそうにありません。お早目にお買い求めください。
相変わらず、雨が少ないことが気がかりです。


5月20日 本日のお知らせ

2019/05/19 14:45 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

晩春というよりは、初夏の陽気が続いています。
たけのこも、春の孟宗だけが終わりに近づき、晩春の淡竹(はちく)がではじめました。孟宗だけに比べ、アクやしぶみが少なく、ゆでるとソラマメのような香りがする(?)ということで人気です。入荷状況のお問い合わせもいただいておりますが、数はきわめて少なく、すぐに完売の状況です。孟宗だけと同じく、今年は不作の年なのかもしれません。淡竹の入荷状況は今後も本ページでご案内いたします。
なお、淡竹の次は初夏の真竹が入荷します。こちらも根強いファンがいらっしゃりお問い合わせをいただいております。入荷し次第、本ページでご案内いたします。
ここ最近、また雨が少ないことが気がかりです。

4月26日 本日のお知らせ

2019/04/25 20:15 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

昨日に続き本日も朝から雨が降っていますが、農産物には恵みの雨です。
ここ数日、暖かい日も続いたためか、多数のたけのこが搬入されるようになりました。
いよいよ明日から10連休がはじまりますが、連休中は多数のたけのこをご用意できそうです。
また、いちごはシーズン終盤となりました。とちおとめ・スカイベリーを揃え、皆様のご来店をお待ちいたしております。
どちらも鮮度が命です。ご購入いただいた当日中にお召し上がりください。
もちろん、それ以外の地物の野菜・栃木のお土産品も多数とり揃えています。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
ゴールデンウィーク中も休まず営業しています。

[補足]2019年版関東版道の駅スタンプラリーブックの発売を開始しました。関東にある175の道の駅にあるスタンプを集めると、集めた数に応じた景品に応募できます。すべて回られたお客様もこれまでに何名かいらっしゃいました。どこまで回れるかチャレンジしてみてはいかがでしょうか。1冊400円(税込)です。


4月11日 本日のお知らせ

2019/04/10 14:40 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

昨日は終日冷たい雨が降りました。今季は雨が少なく恵みの雨でもありましたが、季節はずれのみぞれも混じり冬に逆戻りでした。
この時期、本来であればたけのこが大量入荷していますが、今季は少雨・低温の影響で不作です。毎日入荷はしていますが、多くても30本程度で、すぐに売り切れてしまいます。毎日お得意様よりお問い合わせをいただいていますが、このような残念な状況をお伝えしています。
状況が好転すればこの場であらためてご案内いたします。また、現在採れている孟宗だけは例年今月いっぱいで終了しますが、その後も破竹・真竹と続きます。毎朝掘りたてをご提供しますので今後にご期待ください。


3月25日 本日のお知らせ

2019/03/24 15:25 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

週末は冬に逆戻りしたような寒い日でしたが、その前までは初夏を思わせる陽気でした。今日からまた気温が上がる予報も出ており、当道の駅みかもの北側に広がる県営みかも山公園の桜も開花間近になると思われます。ちなみにカタクリの花は見頃を迎えたようです。
さて、当道の駅にある無料休憩所みかも亭では、地元の英雄「田中 正造」の絵画3点を来月18日まで展示しています。
田中正造は当道の駅がある栃木市藤岡町の隣、佐野市の出身ですが、足尾銅山鉱毒事件で被害を受けた栃木市藤岡町の谷中村(やなかむら)に移り住み、終の棲家となりました。自らの資産を投げうち、時の明治政府と命がけで戦った政治家です。旧谷中村の跡地は渡良瀬遊水地内に今も一部残されています。当道の駅から約11km、車で20分くらいのところです。荒涼とした葦に囲まれ、ひっそりとたたずんでいますが、風にゆれる葦の音が100年前の村民達の悲痛な叫び声に聞こえてきそうです。
ちなみに、当道の駅切符(*)の裏面には田中正造をデザインし今月より販売しています。

*道の駅切符:各道の駅で販売されている切符です。収集されている方も多いようで、1枚180円(税込)です。

みかも山公園も見どころがたくさんありますが、田中正造をめぐる歴史探訪も春の散策コースに加えてみてはいかがでしょうか。

左上の写真は展示中の絵画3点。右上の写真は栃木市藤岡文化会館(谷中村へ行くルートの途中にあります。車で約10分)にある銅像。下4枚は旧谷中村跡地の写真です。


3月18日 本日のお知らせ

2019/03/17 14:31 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

今日から春のお彼岸です。今週半ばからは気温も20℃を超える予報が出ており、いよいよ春本番といったところでしょうか。
さて、当道の駅では生花も各種取り揃えています。お線香にライターも取り扱っています。お墓詣りへ行く際にもぜひお立ち寄りください。もちろん、実家やご自宅へのおみやげ品もあわせてご購入いただけます。
お待ちしています。


3月7日 本日のお知らせ

2019/03/06 19:00 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

早朝の厳しい寒さも和らぎました。日を追うごとに、日の出も早くなり、桜も芽吹きはじめました。いよいよ春到来といったところでしょうか。
さて、突然のご案内となりますが、明日9日(土)、11時より日頃のご感謝の意味をこめ、餅つき大会を実施いたします。無料でつきたてのお餅をご提供させていただきます。なくなり次第終了となりますので、お早目にご来店ください。
引き続き、道の駅みかもをよろしくお願いいたします。


2月19日 本日のお知らせ

2019/02/18 18:35 に 指定管理者みちの駅みかも再生プロジェクトグループ が投稿

あと1週間もすれば3月です。真冬の寒さが和らぎ、早くも春の到来を感じさせる日が続いています。
そんな春を感じさせる「葉たまねぎ」の入荷がはじまりました。
葉たまねぎは、玉ねぎの玉の部分が膨らみかけたときに、早期に葉付きのまま収穫したものです。特定の品種ではありません。
何と言っても、玉ねぎと青ネギの両方を楽しむことができるちょっとお得な野菜です。玉の部分はみずみずしく、柔らかく、辛みが少なく、かわりに甘味があるのが特徴です。葉の部分は細くて柔らかく、ネギ特有の香りが弱いのが特徴です。
ネギ系が苦手の方にはおすすめですが、お好きな方もぜひ、この時期だけのみずみずしさを味わい春の到来を感じてみてください。

1-10 of 186